ショパンフェスティバル2017 in 表参道

テーマはワルツ

“クイーン・オブ・ダンス“ そう呼ばれて愛されたのは、19世紀の激動するヨーロッパにあって、ワルツが人間性の解放を象徴するダンスだったからでしょう。
堅苦しい作法やマナーが優先だったメヌエットの世紀からワルツの世紀へ。時代は動きます。

青柳いづみこさんのレクチャーと私の演奏で、華麗なるワルツも、愁いや抒情性溢れるワルツも、その愛らしさを存分にお届けいたします。青柳さんは、ピアニストと文筆家の両方で活躍され、『ピアニストが見たピアニスト』(中公文庫)、『ショパンコンクール』(中央公論)の二冊は、私も愛読の書です。

ショパンフェスティバル2017、ワルツを聴きにいらして下さい。ちょっとめずらしい『子犬のワルツ』パラフレーズやショパンと親しかったベルリオーズの幻想交響曲から『舞踏会』も連弾で演奏します。

ご来場を心よりお待ちしております!

ご案内

2017chopinfes_naka2017chopinfes_omote
主催:日本ショパン協会
協賛:カワイ音楽振興会 全音楽譜出版社 学研ホールディングス
後援:駐日ポーランド共和国大使館 ポーランド広報文化センター 音楽之友社 月刊ショパン 日本ピアノ教育連盟 全日本ピアノ指導者協会 カワイ楽器製作所 カワイ音楽教育研究会 The Fryderyk Chopin Institute

日時 2017年2月22日(月)
開演19:00(開場18:30)
会場 表参道カワイコンサートサロン・パウゼ
☎03-3409-2511
チケット 3,000円(全自由席)
詳細・チケット購入

© 2017. All Rights reserved by FineAllies Corp.